業務委託解約のデフォルトルール

フリーランスとして、IT業務を行っている方は、「一つのクライアントと契約を結び、仕事をもらっている」という方もいると思います。
フリーランスとなると、仕事が安定すれば収入も安定することになりますから、契約を結べるというのは嬉しいものですよね。
しかし、この契約書の内容によっては、不利になってしまうこともあります。
では、業務委託解約のデフォルトルールについて、ご紹介したいと思います。

仕事を始める際には、必ず業務委託契約書を作成していると思いますが、みなさんはこの契約書をしっかりとチェックしていますか。契約書というと、細かい文章が記載されていますから、「面倒で、全ては読んでいない」という方も多いと思います。中には、「信頼している会社だから、読まずに契約をした」という方もいるでしょう。
しかし、契約書には様々な内容が記載されていることから、事前に確認しておかなければ、トラブルとなってしまうケースもあります。業務委託契約書では、デフォルトルールが記載されていることもあり、これを理解しないことで、契約解約される可能性もあります。

フリーランスで仕事をする際には、経過状況を報告することが求められているケースもあります。
これらの内容は、契約書をみなければ分からないこともありますから、知らずに仕事を進めていると、トラブルに発展してしまう可能性もあるでしょう。
本来、委任契約であれば、経過状況を報告する必要はありませんが、請負契約の場合には経過状況を報告することが必要。
しかし、契約書によっては任意契約でも経過状況の報告が求められていることもありますから注意が必要ですよ。

このように、フリーランスで仕事をしている方はトラブルにより解約が迫られることもあります。
トラブルを未然に防ぐためには、契約書の内容をしっかりと把握しておくことが必要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>