業務委託解約の手続き

業務委託の契約を交わし、自宅でIT業務をこなしている方もいると思います。仕事を請ける際には、仕事内容なども確認した上で契約をしているでしょう。
しかし、時には何度も何度も修正依頼がきて、思った通りに仕事が進まないこともあります。
「最初に聞いていた話と、全く違う方向になってきた」という方もいるでしょう。こういった仕事をしていると、「もう、契約を解約したい」と思われる方もいると思います。

では、業務委託解約の手続きはどうしたらいいのでしょうか。
まず業務委託を結び、仕事を始めた場合には本来は期間が満了するまで契約解約を行うことは出来ません。当然、契約をする際に仕事の内容や期間などをしっかり打ち合わせをした上で、契約を結んだことになりますから、契約書通りに仕事を進めていくことが責任となります。
「辞めたいと思った時には、どういったタイミングであれば受け入れてもらえるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、業務委託契約書の内容によっても変わってきます。途中解約をする際には、数カ月前に申し出が必要と記載されているものもあれば、一切これらの記載がないものもあります。

また、契約解約をすることで、クライアント側から違約金が請求されてしまう可能性もあります。
この違約金に関しても、業務委託契約書に書かれている可能性がありますから、事前に確認しておいた方が良いでしょう。解約時には、解約理由などを伝えることが必要となります。
クライアントによっては、文書での提出が求められるケースもありますので、これらの準備も必要となるでしょう。業務委託を交わし、仕事を行うということは、その契約書に基づいて仕事を進めていくことが基本。しかし、どうしても仕事を続けることが出来なくなってしまった場合には、こういった解約の手続きを行っていくことが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>