業務委託解約時の契約内容

IT関連の仕事を、自宅で行っている方の多くは、会社などと業務委託を結んでいると思います。
「契約を結んで仕事をしているから、安心して仕事が出来る」と感じている方もいるでしょう。
しかし、業務委託というのは法律上の用語ではありません。
そして、業務委託には委任契約と請負契約があり、どちらの契約となっているかによって、「契約を解約したい」と思った時の対応が変わってくるんですよ。
業務委託解約時の契約内容が気になる所です。

業務委託契約をしている方は、「自分は、どちらの契約なんだろう?」と思われる方もいると思いますが、業務委託契約書を確認し、業務を委託すると記載されているのか、業務を請け負うと記載されているのか、チェックしていきましょう。
業務を委託すると記載していれば委任契約という扱いになり、請け負うと記載されている場合には請負契約となります。「この契約って、どう違うのだろう?」と不思議に思われる方もいると思いますが、委任契約の場合には、業務遂行の契約となり、業務の一部などの仕事を行うことになります。

請負契約の場合には、結果何かを完成させることが目的となる契約となります。
そのため、委任契約であれば、その仕事自体に支障が出ないタイミングであれば解約はスムーズに行えることになりますが、請負契約の場合には業務を終了しなければ、解約をすることは出来ないということになります。

このように、同じ様な業務委託契約でも、どういった契約内容になっているかによって、解約の対応も変わってくることになります。
委任契約であれば、一部分だけの仕事をすれば良いですが、請負契約となっているのであれば、完成までが仕事となりますから、最後まで責任を持って進めることが必要となり、解約は難しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>