業務委託解約時の業務委託契約書

IT職として、フリーランスなどで仕事を進めている方の中には、決まったクライアントから仕事をもらっている方もいると思います。そんな方は、仕事を始める前に業務委託契約書を交わして、仕事をスタートさせていると思います。仕事が決まった時には、「仕事が取れて、良かった」と喜んだ方も多いでしょう。「これから、責任を持って仕事をしていこう」と思った方もいるでしょう。
しかし、仕事が進んでいくことで、「当初の話と、全然違う方向になってきている」と感じている方もいるでしょう。「これでは、もうこの仕事を続けていくことは出来ない」と感じる方もいるのではないでしょうか。では、業務委託解約時の業務委託契約書について、ご紹介しましょう。

「もう、この仕事を辞めたい」と思った時には、業務委託契約書の内容を再度確認しておくことが必要となります。仕事を請ける際、書面で約束をしていることになりますから、この契約書の内容によっては、解約が出来ない可能性もあります。
業務委託を解除するためには、4つの条件を満たしていることが必要。どういった条件かというと、履行不能であることや履行不能により、責任があることや違法であること、債権者が解除意思表示があったことなどが含まれます。

解約をする際には、契約書に基づいて進めていくことが一般的となりますが、民法で定めら得ている条件としては、とても曖昧な表記となっているため、なかなか思い通りに進められない可能性もあります。そんな時には、一度専門家などに相談してみると良いでしょう。IT職として、業務委託を請け、仕事をしている方が仕事を辞めたいと思った時には、まずは一度業務委託契約書の内容を確認しておくことが必要。自分では、対応しきれないと感じた場合には、一度専門家に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>